よく、口元を隠せばいい男と言われる

最近、読者投稿型の動画サイトなどで、「マスクを外した前と後が違い過ぎる女性」の記事をよく見かけるようになりました。一応「どんな動画なのか」、簡単に説明をしておきますと、口元をマスクで隠していると、そこから出ている他の部分はとてもキレイなのに、その後口を出すと一気に美しさのバランスが崩れるといった具合の内容です。

実際、通勤などで街を歩いていても、冬場で風邪も流行っていないのに口元をマスクで見えないようにしている女性を見ることは多く、あの動画を見た後では、「もしかしたら、この人も?」などと勘ぐってしまうのも無理はないと思います。
しかし、残念ながら私は、それらの「顔の一部を隠す」女性たちを何ら非難することは出来ません。何故なら、私自身もそれらの人たちと同様、「恒常的に顔の一部を隠す」癖があるからです。

実際、まだ子供だったころから、小学校のクラスメイトなどに「お前、口元が見えなければすごいカッコイイな!」なんて言われることも頻繁にあり、その頃からだんだんと自分の口元=「歯並び」に対してコンプレックスを募らせていきました。
きっと例の動画の女性たちも、自分の口元の形や、私と同じように歯並びに自信がないのだろうなと思うと他人事ととても思えず、いつも悲しい気持ちになってしまいます。

いっそ歯並びだけではなく、顔全体の造形が悪ければあきらめもついたのにと思ってしまう私なのです。