妄想で迷走する癖を治したい

今はまっている朝の連続テレビ小説のヒロインは、空想の翼という独自の技を持っている。その技を使えば、辛い環境下に居ても耐えることができたり、未来に向けて努力をするパワーにすることもできる。空想にふけって周りから変な目で見られたりすることもあるが、空想はおおよそヒロインにとってはプラスに働くことの方が多いから、得意技だ。しかし我がサークルのヒロイン、愛称・夢子は、空想ではなく妄想がすぎるところがあり、こちらは周囲を巻き込み迷惑をかけるので困っている。

サークルに入ってきた当初から不思議ちゃんっぽいとは感じていたが、それは緊張からきているものだと思っていた。我がサークルのボランティア活動を通じて皆と打ち解けてくれば、無駄に目を見開いて話したり、オーバーリアクションで返事をすることもなくなってくるだろうと思っていた。しかし、夢子と少しでも活動を共にすると、彼女はその相手を恋愛相手だと思い込んでしまう妄想癖があることがわかった。やっかいなことに、夢子はルックスはそこそこいい。イマドキ女子のそれではないけれど、多くの世代の男性から受ける、ザ・女の子という容姿なのだ。そんな相手に恋愛相手だという妄想を抱かれたら、相手の男も勘違いしてしまう。最初のうちは彼女の妄想から端を発したを三角関係、四各関係が勃発し、サークル内がちょっとした騒ぎになったものだ。

彼女の妄想癖が周囲に知れ渡り、周辺の人たちが警戒したり彼女にやんわりと忠告するようになっても、彼女の妄想で迷走する癖は一向に治まらない。しかし彼女が我がサークルにいるうちは、私たちの目があるから彼女も大丈夫だ。サークルの意義にも沿っているだろう。